あなたはエレベーター派・エスカレーター派?エレベーターの雰囲気は苦手

比較的階数のある建物でも、会社とかマンション等の場合だと、移動手段は大抵階段かエレベーターですよね。一階二階程度の移動なら、階段でも構わないんですけど、それ以上になると普通はエレベーターを使います。もちろん、一、二階でもエレベーターを使う人は多い。

これが百貨店とかの商業施設になると、移動手段にエスカレーターが加わります。皆さんはエスカレーターとエレベーターがあるとき、どちらを使いますか?私はエスカレーターが設置されている施設なら、ほとんどのシチュエーションでエスカレーターを使います。

理由はいくつかありますが、一つは子供の頃はあの”エレベーターの感覚”が苦手だったことが挙げられます。そのためある程度成長して、一人で行動するようになってもその苦手感覚からエレベーターを意識的に避けていました。大人になってからはエレベーターに対する違和感は薄くなりましたが、現在はもう一つの理由から避けています。それは、”エレベーター内の雰囲気”です。

実際にはそんなことはないかもしれませんが、エレベーター内では皆押し黙った表現し難い緊張感を感じてしまうのです。別に閉所恐怖症ではないはずなのに、あの狭い空間の圧迫感が苦手です。あと、エレベーターは必ずしも各階で止まるわけではありません。閉所恐怖症

そのため、自分の目的の階で降りるのが自分だけの場合、変な不安感があります。階段やエスカレーターは構造上各階で必ず一旦切れるので、そんな不安感はない。だから、エスカレーターがある施設では、大抵エスカレーターを使います。移動階数が多いとエレベーターの方が間違いなく早いんですけどね。

保存

可愛い猫ブログを見て思ったこと。いい写真を取るのは難しい

有名な猫のブログを見るのが習慣になっているのですが、ウチの猫はこんな風に写真を撮ることができないなといつも思ってしまいます。やっぱりコツがあるのかな、と思うのですが、猫によってはカメラを向けただけで逃げてしまうような子もいます。

多頭飼いなので、本当に色々な性格の子がいるのですが、スマホを向けただけで逃げてしまうので、中々写真を撮ることができません。慣れなければ、撮らせてくれないんだろうなと思うのですが、中々時間を区切って写真を撮る機会もありません。

ですから、写真を素直に撮らせてくれる子だけになってしまいます。そうすると毎回同じような写真になってしまうのです。決定的な瞬間を撮りたいとは思うのですが、今のこの瞬間を収めたいと思っていてもスマホやデジカメを向けた時にはもう違うポーズになっていることも多いです。

可愛い猫の写真を撮影して、ブログにアップすることができたらいいのにな、というのはいつも思っていることです。以前、猫の写真を撮っている岩合さんが猫を撮影する際のコツをテレビで話してくれました。目線を下げる、話しかけるなどいくつかの項目があったのですが、それをやっていても思うような写真を撮ることができないのです。

猫の性格も大きく関係しているような気がします。たまたま撮影できたとしても、実際にはもっと可愛いのに、ということになってしまうので、ブログにアップはできずにいます。常にデジカメやスマホを持っていれば瞬時に対応をすることが出来るのかもしれません。ブログ用カメラ

保存

息子が幼稚園に入園。子供の成長をと思いつつも

春になると学生や社会人の皆様の新生活が始まるわけで、子持ち主婦である私にはもう春の新生活…というものはないのですが、我が家の三歳になったばかりの息子も今年幼稚園に入園いたしました。

入園式で両親と離れたときから1人だけワンワン泣いてた息子ですが、息子がワンワン泣き続けるため泣くのを我慢していたお友達にも感染するかのように次々とみんな泣き出しました。式はなんとか無事に終え、週末は楽しく過ごし、朝起きると一週間のはじまりです。

初めて1人での登園となるとわかるとお着替えから拒否です。母親も幼稚園は楽しいところだよ、お友達いっぱいいるよ、なんてうまく制服に着替えさせようと説得するのですが全く動じません。仕方なく、パジャマで泣く我が子を抱いてバスに乗せてお見送りします。バスのドアも窓も閉まっているはずなのに大きな泣き声が外にまで響いてます。

頑張れよ、と思いながらも悪いことをしたな、可哀想だなと思ってしまいます。でもここで心を鬼にして幼稚園に行かさなければ、人間形成の土台がしっかりできないんだと自分に言い聞かせて園生活が気になりつつも子供の帰りを待つのでした。

そして幼稚園から帰って着た我が子は、いつもちゃんと制服にお着替えをしてます。楽しかったよ、おやつ食べたいなと言って帰ってくるわけですが、朝と全く違う我が子の姿に何をしてもらったのと聞きたいくらいですが、そこは自分から喋り出すのを待つことにしています。

子供の成長はとても嬉しいです。早く幼稚園に慣れたらいいなと思いつつ、あっさりバイバイして行かれたり、友達優先になることを思うとやや悲しくなって来たりします。子供は親離れしようと頑張っているのに、いつまでも子離れできないのは私かもとそっちの方が逆に心配です。小さい内は手がかかるけどママ大好きで可愛いしいいよ、まさにその通りだと思います。

保存

旦那のいびき被害からいつ解放されるのか

私の旦那は結婚前からいびきがとてもひどく、隣で寝ている私はなかなか寝付けなかったり夜中にうるさくて目が覚めたりと睡眠を妨害されることがしばしばありました。子どもが産まれてからしばらくの間は、夜中の授乳があるため私はリビングで寝ていたのですが、子どもがまとまった時間寝てくれるようになると旦那が「一人で寝るのは寂しいからみんなで一緒に寝たい」と子どものようなことを言い出したのです。

子どもは寝る前のぐずりがとてもひどく2時間近く抱っこしないと寝ないような時もあったため、そんないびきでは一緒には寝たくないことを伝えました。すると、それまで何度病院に行けと言っても全く聞く耳を持たなかった旦那が、病院に行ってちゃんと調べてもらってくると言い出したのです。

いつもは何か手伝ってくれるという時でも「いいよ」と言ってから動き出すまでが長く、結局は私がする方が早いということがほとんどなのですが、よほど子どもと一緒に寝たかったのかすぐに病院に電話をし予約を取っていました。

いびき病院

受診した結果睡眠時無呼吸症候群の可能性もあるということで、自宅で検査する機械を持って帰ってきました。検査の結果長い時間呼吸が止まっていることもあるようで、大きな病院を紹介されました。大きな病院では1泊入院をして調べるとのことで入院予約まで取って帰ってきました。

子どもが産まれるまでは親や友人などから何度病院に行くように言われても全く動かなかった旦那が、こんなに積極的に動くところを見ると娘の力は本当に大きいんだなと感じました。はたしていびきから解放されみんなで一緒に寝れる日は来るのでしょうか。

保存

保存